パレスホテル

ライン

伊東の秋まつりのご案内☆

伊東秋まつりは、海上安全と豊漁を祈願するお祭りで、神輿が海を渡るので知られています。
このお祭りの歴史は古く、室町時代の中頃からと伝えられています。
神輿は湯川神社と松原神社の二基があり、祭神や行列の形態など多少の相違はありますが、お祭り自体はほぼ同じような方法でおこなわれます。
神輿というのは、普通 わっしょい、せいやせいや、などと賑やかな声を出して担ぎますが、このお祭りは、神輿の渡御中に一切口を開くことが許されず、口には切紙をくわえます。
32人の若者に担がれたみこしの重さは、約1トンと超重量級。
神官、先供、鹿島踊りの後を「潮花ふり」の少年たちがほら貝の合図に「下に~、下に~」の声をかけ神輿を導きます。
伊東海岸に下りた神輿は、打ち寄せる波の中へ後ろ向きの姿で50メートル以上も沖合いまで入ります。3回から5回(奇数の回数入るきまりになっている)ほど海中で渡御し、街中を練りながら神社にお上りになり大祭は終了します。
両日とも夜には、山車が町内を練り歩き、夜店も出てまちは遅くまでお祭りムード一色です。

ぜひ、見に来ていただければと思います。

 

akimatsuri-1


ライン
http://
ページの先頭へ
  • リンク集
  • 個人情報保護方針
  • 宿泊約款